お寿司の栄養や豆知識

街のおすし屋さん、回転寿司、スーパーの惣菜売り場、出前など様々な場所で購入したり食べることのできるお寿司。
どの年齢層にも人気があり、近年の子供たちの一番好きな食べ物にもあげられるほどです。

寿司は日本の代表的な食べ物ですが、栄養が豊富で健康的だという面から世界中に広まり、味も理解され国際食にもなりつつあります。

ネタの魚介には様々な栄養が豊富に含まれています。

柿の葉寿司の最新情報をお伝えします。

魚介類にのみ含まれるDHAは脳を活性化させる働きを持ち、記憶や学習能力の向上、老人性痴呆の予防にも効果があります。


青魚に多く含まれるEPAは血中のコレステロールや中性脂肪を減少させる効果があり、成人病の予防にもなります。

エビなどの甲殻類やタコなどの軟体動物に多く含まれるタウリンは動脈硬化や高血圧の予防、アナゴやウニに多く含まれるビタミンAは皮膚や粘膜を強化し抵抗力を高めてくれます。

サバやヒラメに多いビタミンBは疲労回復に効果があります。貝類には鉄分やリン、カリウムが豊富に含まれていて、神経の鎮静作用にも効果があります。


このように寿司には豊富な栄養素が含まれていて、かつ低カロリーでヘルシーな食べ物なのです。



外国では米を使ったサンドイッチという感覚があり、魚介以外のネタも多く人気があります。



お寿司とともに出されるのが熱いお茶です。ネタによっては脂分が多いものもあります。口の中に脂分が残っていると、次に食べた時のおいしさが半減してしまいます。
そのため熱いお茶で口に残った脂分を溶かすというわけなのです。